広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ
ブログ

サーキットトレーニングの効果をおさらいしてみましょう!!

 

IMG_5780

 

みなさんこんにちは!

暖かくなってきたので体が動かしやすくなってきましたね✨

夏までに体重を落としたい、くびれを出したい、二の腕を細くしたい、体を引き締めたい。。。

男性・女性も今からの時期は肌を出すようになるので特に気になってきますよね?

そこで今日は、

知っている方はおさらいとして、また今から運動を始める方は知っておいた方がいいトレーニング……

 

「サーキットトレーニング」

 

というトレーニング法をご紹介していきます。

 

 

サーキットトレーニングとは

 

簡単に言うと短時間でできるフィットネススタイルです。

筋肉を大きく使う運動と、短いインターバルを交互に取り入れて、心拍数を適度に保ったまま継続して行う(※)有酸素運動のことです。

上の写真で言いますと、オレンジのマシンで運動した後に、

隣の灰色のマットの上で有酸素運動(足踏みなど)してもらう形です。

次の4つが、サーキットトレーニングが効果的といわれるポイントです。

(※)有酸素運動
体内に摂り込んだ酸素で糖質と脂肪を分解し、エネルギーに変えていく運動法。

 

POINT⒈ 30分で簡単に楽しくトレーニング

 

私たちに必要な3大栄養素は、糖質・脂質・たんぱく質。糖質と脂質は、エネルギー源に、たんぱく質は身体を構成する成分になります。

運動開始直後は、糖質の方が燃えやすく、脂肪はゆっくりと燃えていきます。脂肪は身体に蓄積されやすいので、

脂肪が燃え始めるまで、運動を続けることがポイント。

通常、ウォーキングでは30分以上から、ジョギング、ランニングでは15分~20分前後から脂肪が燃焼し始めます。

(ただし、人それぞれ歩く速さ、走る速さがあるので上記の数字は平均で出してあります)

しかし、単調な筋力トレーニングで同じ筋肉ばかりを使っていると、その部分の筋肉が疲れてしまい、一定以上の効果は期待できません。

短いインターバルを入れて筋肉を休ませながら、異なる運動を継続すれば、30分間楽しく続けることができます。

 

POINT⒉ 目標心拍数を設定して効果的に運動を

 

20160617_sinpakusuu_01

 

心拍数の目安は、正常時で60回前後。Bodiesでは、220-年齢で計算される「最大心拍数」の60%を「目標心拍数」と設定しています。

この目標心拍数を保ちながらの運動が、もっとも脂肪を燃やしやすいといわれています。

この目標心拍数の求め方を、ゼロ・トゥ・ピーク法といい、世界共通の計算式です。

 

POINT⒊ 週3回が理想のペース

 

たとえ30分間の運動でも、筋肉は疲労します。筋肉を休め、体力が回復するまで約1日。

しっかり休めると、回復後は少し筋肉がパワーアップしている状態に。これが、筋肉が作られていくサイクルです。

つまり運動と休息を上手に組み合わせていくには、1日おきにトレーニングをする週3回が理想的なペース。

ダイエットを目的としている方はこれぐらいが良いと思います。

ただ、筋肉を早くつけたい人、最大心拍数を上げたい人が同じようにトレーニングをしたとしても、

思った結果になるわけではありません。

筋肉をつけたい人は、負荷を強くする必要もありますし、心拍数を上げたい人は、ある程度続けて

トレーニングをする必要あるので、目的に合わせたトレーニングをしましょう!

パーソナルトレーニング(マンツーマン)のお話もまたさせて頂きます

 

POINT⒋ マシンが油圧式マシーン

 

いつもジムで見たりするマシンって重りをつけたりしないといけないんで大変ですよね?

油圧式マシンは油圧シリンダーといって注射器と同じ原理で、

早く押し出すには強い力を必要とし、 ゆっくり押し出すには弱い力でよいという現象を利用したものです。

トレーニングマシンの特長. 1台のマシンで各個人の運動能力に応じて負荷を変えることができます。

体力のある方は、マシンの動作速度を速くすることで負荷は高まり、運動量が多くなります。

反対に体力の無い方は、動作速度を遅くすることで筋肉の負担が軽減します。

また、油圧式マシンは、体に急な負荷がかかることが無いため、筋肉痛や肉離れが起きにくく安全です。

運動中に動作を中止すると、負荷はその時点でなくなるので、

ご高齢者や女性、子どもといった体力のない方でも安心して使える構造となっています。リハビリや運動療法などでの使用実績もあります。

抵抗が少ないので、スムーズでスピーディーな運動が可能です。だからマラソン選手のように細かくしなやかな筋肉を作るのに適しています。

逆に一般的なウェイトを使ったマシンでトレーニングをすると、短距離選手のような太く瞬発力のある、たくましい筋肉になります。

でも、力の強い男性の方は物足りないと思うかも知れないですが、大丈夫!!

コメディカルのマシンには調節機能も付いているので一番軽い負荷にすれば、子ども、ご年配の方。

段階を上げていけば、普段運動されている人でもきつい負荷に上げることができるので、

幅広い年齢層でトレーニング可能です✨

 

 

通常ダイエットの際は、走ったりして体重を落とそうとされる方が多いですが、

一人でトレーニングをしようと思うと気持ちが途中で折れてしまうケースがほとんどです。

また、走って体重が落ちた段階でやめられた場合、続けずに元の生活に戻ってしまうと、

結局また体重が戻ってしまったというお話もよく聞きます。

 

サーキットトレーニングでは、

「脂肪を減らす有酸素運動+筋肉をつけるウエイトトレーニング」

この2つを同時に組み合わせることができるので、効率よく脂肪を落とすことができ、

加えて、常に脂肪を消費してくれる筋肉を増やすことができるんです。

ランニングやジョギングだけで行うよりも、3倍の脂肪燃焼効率があるんですよ✨

実際コメディカルでも運動されている人で、

1年間に10㎏近く落ち、体脂肪率が8%も落ちた方がいらっしゃいます(∩´∀`)∩

最近やり始めた方でも1ヶ月で効果が出た人もいますよ

誰でもすぐに始めることができるので、これから運動してみたいなと思われる方はぜひ一度いらしてみてください!