膝の痛みの治療について

膝の痛みの治療について

日常生活において、歩くことはもちろん階段の昇り降りや、立ったり座ったりと言った膝を使った動作は欠かすことが出来ません。

しかし実際のところ、正座が辛いとか歩くだけでも痛みが出るなど、膝の疾患を抱えている人も少なくありません。

その痛みの原因としては、膝にある関節軟骨がすり減るなど何らかの膝関節の異常が挙げられます。

ひざの痛みの原因

長年スポーツをやっていたり病気によるものであったり、または生活習慣や加齢によるものが原因で、膝の骨と骨の間にあるクッションのような役割をしている関節軟骨がすり減ってしまうことにより発症します。

そして関節を包む関節包が膝を動かすことにより引っ張られて、関節周辺の神経が痛みを発します。

このような痛みを放っておくと、いつの間にか膝関節が変形し悪化してしまうことにもなりかねないため、早めに膝の痛みの治療および対策を取ることが大切になります。

 

毎日の生活習慣によりO脚やX脚になってしまった場合や、体重が大幅に増えた場合、筋肉の衰えなどでも膝に負担がかかり痛みが出ることがありますが、何より変形性膝関節症は膝の痛みが生じる病気の中でも特に中高年や女性・肥満体型に多いと言われています。

 

骨と骨の間の軟骨がすり減ることで膝関節の機能が低下していまい、関節に炎症を起こす病気です。初期はこわばりや痛み、間接液が溜まると言った症状が見られますが、変形が進行するにつれて膝をまっすぐ伸ばすことが出来なくなり歩行障害が生じるなど、徐々に日常生活に支障が出るようになります。

ひざの痛みの治療方法

このような膝の痛みの治療は、まず安静にする・サポーターや湿布を使う、処方薬を服用すると言った保存的治療を行います。

また筋力低下が原因にもなるため、膝関節に特化した筋力トレーニングを行い、筋力を増強することも有効です。

このような運動療法は、膝関節の安定性をはかり、膝の腫れを落ち着かせる効果もあります。

 

しかしこうした治療法でなかなか改善が見られない場合には、手術療法を用います。それぞれの症状に用いた手術を行うことで、一定の効果が期待出来ます。もし重度の症状があり日常生活に支障を来している場合には、人工関節に変えることで満足の行く結果が得られることもあります。

いずれにしても、すり減ってしまった関節軟骨を元に戻すことは出来ません。そこで何らかの違和感を覚えたら、少しでも早く治療を開始し、それ以上進行しないように注意することが大切です。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

まずは今すぐ下に表示されている番号へお電話ください。そうするとスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

この記事に関連する人気記事

スタッフブログ

スタッフブログ一覧
店舗名
ほねつぎげんき堂 広島海田院
住所
〒736-0034 広島県安芸郡海田町月見町10-5-2F
交通
海田駅徒歩20分、矢野駅徒歩16分、 広島市から車で20分です。
駐車場
50台あり