広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ

筋肉をつけるのに必要な栄養素と重要な時間帯・痩せる食事と筋肉をつける食事は別物

筋肉をつける食事の基本はタンパク質

タンパク質は筋肉を作る材料になります。

ただし、タンパク質+栄養バランスのよい食事も必要です。

ビタミンB6が必要

タンパク質を分解するのと合成するのにビタミンB6が深く関わってきますので、一緒に摂っていくことが重要です。

緑黄色野菜に多く含まれています。

重要な時間帯

筋トレを行う2〜3時間前にタンパク質を多く含む食品をしっかり摂ることが大切です。

筋トレ後、30分以内にプロテインなどでタンパク質を補給すると特に良いです。

炭水化物は必須

炭水化物を抜いてダイエットしている方もいますが、筋肉をつける為には炭水化物も必要です。

筋トレの2〜3時間前にしっかり食事をするときには、炭水化物もしっかり食べることが大切です。

そうすれば筋トレ中も血糖値は適度に保たれて筋肉の分解を抑制。筋肉をつける効果が高まります。

運動後に乳製品を

筋トレなどの運動をした時、筋肉に小さな損傷が起こります。

筋肉は損傷を修復するためにたくさんのアミノ酸を取り込もうとします。

運動後30〜1時間以内に牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を摂ることで筋肉をつける効果がUPします!!

kintore      kintore1