広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ

見逃すと危険!!小・中・高校生に起きやすいスポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返しの負荷が積み重なり、痛みを主とした慢性的な症状が続くものをいいます。

軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みですみますが、早期に対処しないと重症化して、関節が変形したり骨が分離したまま直らなかったりと、日常生活に支障を生じることがあります。

瞬間的な外力によって起こる「スポーツ外傷」(骨折、脱臼、捻挫など)と言いますが、厳密に区別せず、スポーツ外傷とスポーツ障害を総称してスポーツ障害と呼ぶ場合もあります。

小・中・高校生に起きやすい理由

成長期には骨が成長して、筋肉が追いかけるように成長し、身体が作られていきます。

男子場合は高校1〜2年、女子の場合は中学3年生までが平均的な成長期です。

この時期までは成長する為に、骨の両端が軟骨になっている為、構造的に弱いので牽引力や圧迫力が繰り返し続くと変形したりして障害が起きやすいのです。

主なスポーツ障害

https://honetsuggenkido-kaitain.com/sports-injuries/

こちらを参考にしてください。

こんなサインを見逃さないで!

例えば、投球フォームで肘が下がってきたら、肘に障害かもしれません。

膝の下を押さえてみて痛むようならオスグッド・シュラッター病かもしれません。

痛みが一番のサインです、スポーツの世界は痛みを無理して練習を続ける事が多いですが、指導者が「痛い」と言える環境を作ったり、おかしなフォームに気づいたりできれば、将来、障害や痛みが残る人が減りますので、本当の痛みのサインは見逃さないでください!

sports_soccer_kega sports_baseball_yakyuuhiji