広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ

スポーツ別・怪我の多い部位や故障の症状 スポーツ外傷 野球偏

野球に多い怪我・故障

野球肩・・・投球動作の繰り返しによっておこる、肩関節障害の総称です。

使いすぎ・準備運動不足・悪いフォームなどが原因で肩関節周囲の筋・腱・靭帯などに損傷がでます。

野球肘・・・投球動作などでの負担が肘に伝わり、微細損傷や炎症が起きて痛みが出ます。

肘の内側・外側・後方が痛くなるタイプがあります。

悪化すると剥離骨折や疲労骨折が起こりますので、早期発見・早期治療を目指しましょう。

インピンジメント症候群・・・投球動作のように肩を上げて捻る動きをすると、腕の骨が肩甲骨や周りの組織などに衝突して炎症が起きます。

日常動作ではバンザイの動作などで痛みが生じます。

腱板損傷・・・肩の深部にある腱板という肩関節の安定に使われる場所の損傷です。

最も痛めやすいのが棘上筋腱です。

加齢や使い過ぎで徐々に摩耗して損傷する場合があり、痛みが出て動きも悪くなります。

sports_baseball_yakyuuhiji

その他は腰部捻挫や打撲、突き指などありますが、野球での特徴的な故障は肩や肘まわりに起きます。

特に上記した症状は悪化するほどに治りも悪くなりますので、違和感を覚えたら早めに受診してください!!