広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ
ブログ

スポーツ障害・外傷(オスグッド病)の痛みと成長痛を間違えない為に

成長痛とオスグッド・シュラッター病とは?

成長痛は、急激に身長が伸びる成長期に膝や足のかかとや甲、股関節に痛みが出る症状です。

成長痛は夕方や夜間〜明け方にかけて主に下半身の痛みを訴えます。

30分〜60分程度痛みは持続し、日中には痛みがなく、日によって痛む場所が変わるのも成長痛の特徴です。

オスグッド・シュラッター病の痛みとは異なります。

オスグッド・シュラッター病は運動の負荷によって、軟骨と腱が剥離してしまいます。

オスグッド・シュラッター病はスポーツ障害で、成長痛を訴える年齢と重なる事もあり、誤解されることもあります。

illust120822_5

原因はあるの?

一般的に知られている成長痛という名前ですが、医学的には確かな定義はされておらず、原因は不明とされています。

オスグッド・シュラッター病は、特にバスケットやバレーボールなどジャンプが多い競技に多く、サッカーなども多く発症します。

体育などの運動しかしていない子でも発症する事がありますので、注意が必要です。

運動の負荷によって、軟骨と腱が剥離してしまいます。

basketball_layup

予防と治療

自分でできる予防法はウォーミングアップとクールダウンをしっかりと行う事、ストレッチをして身体を柔らかくする事、患部(痛みの出る場所)を冷やすことです。

十分な睡眠時間をとる事も重要です!身体は睡眠時に一番回復します!

stretch_man suimin_man

オスグッド・シュラッター病になる方は身体のバランスが崩れている人も多いですので、骨格のバランスを整える事も重要です!

少しくらい痛いから大丈夫と、放置してしまう事が一番いけません!

かばって他の場所が痛くなったり、ゆがみが大きくなってしまったりと、悪い事ばかりですので、我慢はせずに早期治療を心掛けてください!