広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ
ブログ

寝苦しいこの季節にやってはいけない落とし穴!

暑い日が続くこの季節の晩はクーラーの効いた部屋でくつろぐのが1番の安らぎや〜〜ぁ!

と思いたくなる今日この頃・・・

確かに身体の中に溜まった熱を取る事は間違いではなく建物によっては扇風機が温風機と変わる事もあります。

思い起こせば自分も古い木造のアパートの二階に住んでいた頃、外の方が涼しいくらいで汗だくで生活してたな〜?。暑さで寝不足になり食事も疎かになり何回倒れそうになったか(笑)

実際に熱中病になった事もあります。数年癖が残り一年に一回は倒れてました!

暑さはかなりの体力を消費します

体が耐えれる温度は体温と同じぐらいの温度までと言われています。勿論暑さに耐えれるだけで個々の体調や睡眠などの環境の変化が加わるので実際には32℃までなら普通に運動ができます。

環境や体調によっては身体の疲れがなかなか取れず蓄積され、暑さ=内臓の熱が上がるので熱を下げるために冷たい飲み物を飲んだ急激に冷やそうとするのです。

まさにこの急激に体温を下げようとするのが身体にはよくないのです。

体温を下げたいとき・暑いときは抹消の血管を拡張させ、血液を外気に触れさせて熱放散を促す。逆に寒いときは血管を収縮させ、熱放散を防ぐようにする。寒いときに手足が冷えるのは、手足に血液があまり流れないからであり、これは体の奥が冷えるのを防ぐためです。

・クーラーの当たり過ぎ

・冷たい飲み物

・紫外線の浴びすぎ

・栄養の偏り

・睡眠不足

・極度の環境温度の変化

など沢山の要因が重なり身体が悲鳴をあげます。

まずは効果的に冷やす場所

身体の熱を取る為にはいくつかのポイントがあります。

・脇の下

・太ももの付け根

この2点にしてください。

頭・心臓・お腹は絶対に冷やさないでくださいね!

大切な臓器を冷やすと身体の機能がコントロールできなかったりなどをして重篤な状態になるやもしれません。

また、汗をかくことで体温調節しますが顔や首に汗をかきたくない場合は脇の下から指3本のあたりをグルッと縛ると良いと言われています。※細すぎると血管などに障害が出るので注意してください。

京都の舞妓さんが汗かかないのはこの方法を使っています。

暑い時期は薄着なので中々できない場合もありますが参考までに。

大切な事は!

食事と睡眠はしっかり摂りましょう!!

暑くて食べたくない!!でも身体を冷やす食事で暑い時期を乗り越えましょう〜!

睡眠時間のばらつきはとても危険です。一定の時間とれるようにしていきましょう!

水分補給は冷たい飲料水は避けなるべく常温か少し冷たいぐらいがベストです。炭酸飲料は血液や汗をドロっとさせるようになりますのでなるべく避けましょう!

年々暑くなるこの時期を乗り越えていきましょうね〜!