広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ
ブログ

理想のウエストのくびれとヒップとのバランスを図ってみましょう!

 

 

みなさんウエストのくびれとヒップとのバランスって考えた事ありますか?

 

 

 

 

理想のウエストのサイズはどのくらいなのでしょう……

 

細ければいいというわけではないウェスト、理想のくびれサイズは?これはヒップとのバランスがとても大事になってきます。

 

 

 

男性は意外と女性のウエストのくびれを気にするものです!

 

少しくらいぽっちゃりしていてもウェストのくびれがある人、痩せてはいるけどメリハリのないボディとどちらがいいかというと、断然ウェストがくびれている方に惹かれていきます(;´∀`)

 

 

 

 

 

 

理想の「WHR」の値とは

 

 

 

 

WHRとは  「Waist to Hip Rotio」の略で

ウエストとヒップの比率で肥満度を表します。

 

「WHR」の値を理想に近づけていくとくびれを作ることが出来るのです。

WHR=ウェスト÷ヒップ=0.7

これは、アメリカの心理学者であるシン博士が16カ国で調査を行った結果、導きだした理想の値となります✨

 

ウエストや体重だけではなく、意外とヒップのサイズも理想のボディバランスに深くかかわっているんですね!!

 

 

 

 

では、次に進む前に前回の筋肉の続きをしていきます!

 

 

 

 

お腹の横にある腹斜筋

 

 

 

腹斜筋はお腹の横、斜めにある筋肉で外腹斜筋、内腹斜筋の2種類があります。

 

 

image-2

 

 

外腹斜筋

外腹斜筋肋骨から骨盤にかけて斜め下方向へつながっている筋肉で骨盤や内臓を支えています。お腹のコルセットのような働きをしています。

内腹斜筋
外腹斜筋の奥にあり、骨盤側から肋骨にかけて伸びていて、外腹斜筋と反対方向には知っている筋肉です。体幹を支え、腹腔という壁を形成します。

 

この2つの筋肉が同時に動くことによって体をひねる動きが可能になるのです

 

 

 

 

一番奥にある腹横筋

 

 

腹斜筋のさらに奥にあり、その名の通り筋繊維が横に走っています。まるでベルトのような筋肉で、お腹を引っ込める時に使う筋肉ですね。

 

 

image1

 

 

大笑いした時に痛くなる筋肉と言った方がわかりやすいでしょうか。

非常に薄い筋肉ではありますが、ここを鍛えるとコルセットのように体を支え、安定させることが出来ます(^^)/

 

 

 

 

ここを効率よく鍛えてウエストのくびれを手に入れましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コ・メディカル
サーキット・パーソナルジム
〒736ー0034
広島県安芸郡海田町月見町10ー5ー2階
082-824-1717
https://m.facebook.com/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB-1618602798433092