広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ
ブログ

運動後にたんぱく質はなぜ必要なのか調べてみましょう!

 

みなさんこんにちは!

初心に振り返って、改めて運動とたんぱく質のつながり、必要性についておさらいしましょう!

たんぱく質だけではなく、トレーニング後の食事についても学んでいきましょう。

 

運動やトレーニング後の食事は必要?

って思われている方も多いですよね(/・ω・)/

運動後の食事は筋肉を作るためにはとても大切です✨

運動やトレーニング後、どういった栄養をどのタイミングで摂取すればいいのかを、トレーニングの目的に合わせてご紹介します。

 

トレーニング後の体は言われなくても疲弊している状態ですよね

疲弊した体の状態というと、貯蔵していたエネルギーがなくなり、使われた筋肉の細胞も損傷した状態になります。

また血中糖度や血中アミノ酸が低くなり、マグネシウムやカリウム、カルシウム、ナトリウムなどの

体を動かす役割を持つ電解質が汗と一緒に体の外に流れてしまっています。

また、筋肉の痙攣などが起きやすい状態なので、トレーニング後の食事は疲労を取り除くためにもすごい重要になってきます。

 

 

トレーニング後の食事が良い理由とは

 

トレーニング後すぐに栄養補給をすることでグリコーゲンやアミノ酸が筋肉合成に使われるので、

栄養不足から起こる筋肉の分解を止めることにつながります。

また、グリコーゲンの貯蔵を速やかに行うことで疲労回復にも効果的です。必要な栄養を素早くとることを心がけましょう。

時間をかけてでも栄養補給はするようにしましょう。

できるだけ早く栄養補給をしたほうが回復効果も望まれますが、

トレーニング後の疲労感や夏バテなどですぐに補給できない場合は食べやすいメニューを選択したり、

何度かに分けて摂取するなどの工夫をするとよいでしょう。

 

特に運動後に摂取してほしい栄養素は…

 

・たんぱく質

・炭水化物

・アミノ酸

・ミネラル

 

これが重要になってきます。

ダイエットに関してはまたちょっと変わってきますが、トレーニング後にエネルギーを

補給するとなると、この4つの栄養素が大切になってきます。

 

タンパク質は傷付いた筋肉の修復や筋合成に使われ、消化されるとアミノ酸に分解されて筋肉や内臓、皮膚、血液などの材料となります。
タンパク質は、「動物性タンパク質」である肉・魚介類・卵・乳製品などの

動物性の食品に含まれるものと「植物性タンパク質」である豆類・穀類などの植物性の食品に含まれるものがあります。
トレーニング直後は内臓も疲労しているため、食べやすいものや消化しやすいもの、状況によっては携帯しやすいものなど

自分に合ったものを見つけると良いでしょう。
摂りやすいものとしては、豆乳、プロテイン、ヨーグルト、ちくわ、チーズ、サラダチキン、具が多めのおにぎり(鮭、たらこ、味玉など)などがおすすめです。

 

 

今日はここまで!

次回もしっかりやっていきますよ!